しゃかログ

仏教って何だろう?という小さな疑問を持った仏教系大学生が発信する、日常のプチ発見をおすそわけするブログ。

老人ホームでの法話 

みなさん、こんにちは!少し日が開いてしまいましたが、久々の更新です!

今日は、老人ホームでの大学生による法話活動をさせていただきました!そこで感じたこと、経験したことを書き留めたいと思います。

仏教への期待値は、お年寄りはかなり大きい

今回足を運んでくださった方々のお話をすこしお伺いいたしますと、お寺にいるとおちつく、昔はよく連れられてお寺にお参りにきた、仏教のお話を聞いてみたいなど、非常に仏教に対して前向きに考えて仏教の話をきいてみよう!という方々が多かったことに驚きました。今回法話させていただいた老人ホームはキリスト系の施設でしたが、入所者の中には仏教がいいという方もおおく、かつてはお坊さんを招いての法話会もおこなっていたそうです。

 

やはり、日本に昔から根付き、見守ってきた仏教というものの存在感は大きく、法を説き続けた僧侶たちには頭が上がらない思いです。

自分にもできること、伝えれることを考えると、まずは大学で学んでいることをおすそわけすることからお話を始めさせていただきました。

お釈迦様のご生涯からはじまり、入滅、チュンダの供養のお話ののち、思いやりの大切さ、人の過失より自分のことを見るというお釈迦様の説かれたことを説法させていただきました。

 

しかし、それだけでは足りないむずかしさ

しかし、説法で何よりも大切なのは自分のことば、自分の経験や感じたことを仏教と絡めて話すことこそ、その人の個性が出て聞いていて面白いと思う点ではないでしょうか。

今回私は、そこが一番難しく、法話の質を上げるために大切なことだと感じました。また、選ぶキーワードにも気を使わなくてはいけないことにも気が付きました。

 

最もデリケートかつ、気になるキーワードは、死についてだと思いました。「もう先が短いから・・・」と語ってくださったおばあさんに、私はそうですよねー、でも私もいつお迎えがくるかわかりませんからねーくらいしか、返すことができませんでした。

 

そこで、どう返したらありがたく、あー、なるほどと納得していただけるか、人間としての質が問われていると感じました。

 

そこで、家に帰ってから考えてみましたら、お釈迦様は死は避けられないということを説かれていると話の中で言ったのだから、それをうやむやにせず、じゃあどうするか?ということを話せばよかったのでは?と思いました。

例えば、「お迎えは必ずいつか来るから、その時まで楽しく暮らそうよ」の一言だけでも言えたらよかったのではないか?など、反省点をみつけていくことこそが大事だなと思っています。

 

今後の課題

一回目より二回目、二回目より三回目と、どんどん磨きをかけていくために一日の内容に満足せず、常に反省することが必要だと気付いたので、しっかりと取り組んでいきたいです。

また、何よりも大切なのは、来てくださった方々や、声をかけてくださり支援してくださったホームの方々など、様々な人の力でこのように学ぶ機会をいただいたことに感謝することでしょう。

感謝とともに、このご縁を大切にしていきたいと思います。

合掌